講師紹介

洋菓子ディプロマ アトリエひらた講師 坂梨 由香

経歴

ホームメイド協会 菓子師範免許を取得後、定期的にフランスに渡り独学を続ける。
数年間の海外生活を経て帰国後、ル・コルドンブルー代官山校に入学、2009年菓子ディプロム取得。
福岡市内のお店などで研修後、2010年春に教室を開く。

実ははじめは「パン作り」に興味がありました

20代の半ばまで普通に会社員として働いていましたが、パン好きが高じて市販のパンではなく添加物のない安全で美味しいパンを自分で作ってみよう、と思いたち退社後に大手のパン・お菓子教室 日本ホームメイド協会に通い始めました。

美しく繊細なお菓子の魅力から「お菓子の講師になりたい!」

学校で習い始めるとパンではなく美しく繊細なお菓子の魅力にすっかりハマってしまい「お菓子の講師になりたい!」という夢がはっきりとみえてきました。
数年間通い念願の講師免許を取得する事が出来たのですが、まだまだ人に教える自信が持てませんでした。
そこで現場の経験を積むために会社を退職し洋菓子の製造会社にアルバイトとして入りました。

現場でたくさんの商品と触れ合ううちに本場のフランス菓子を食べてみたい、現地で勉強したいという気持ちが大きくなりフランス語を習い、渡仏しフランス・パリの専門学校ル・コルドンブルー、リッツエスコフィエなどで学びました。
最初は言葉が聞き取れず苦しくてつらいフランス生活でしたが農業国フランスの乳製品や果物など質の良い材料、洋菓子の歴史をより深く知ることができたよい経験だったと思います。
そして帰国後はル・コルドンブルー東京校に転入、洋菓子ディプロマを取得し、ようやく本格的に自分の教室開講に至りました。

単に技術だけでなく、お菓子にまつわる由来や文化にも触れてほしい

2010年に教室を始めてから単に技術を伝えるだけではなく、お菓子にまつわる由来や文化の話をしながら授業を行っています。
お菓子のバックグラウンドを知ると街中のショーウインドウに並ぶ美しいケーキを見る目が変わってくるはずです。
また進化するお菓子の状況をお伝えする為に定期的に渡仏をして、新しくオープンした店を訪れたり、イベントや講習会などで情報を得ています。
短いレッスンの時間ではありますが、最後に出来上がったケーキを囲みながら試食の時間を楽しんでもらっています。日常をしばし忘れて穏やかな時間を過ごしていただければ幸いです。

生徒さんに聞いてみました! 坂梨先生は、こんな先生

  • お菓子の由来や最新のお菓子事情など勉強されていて、質問にも丁寧に答えてくださいます!
  • 穏やかで優しくユーモアがある先生だと思います。
  • 美味しいお菓子屋さんをご紹介してくださったりと、お菓子の作り方だけでなく本当に美味しいものとはどういうものなのかを教えてくださいます!