スウィーツ ギャラリー

ビスキュイ・ド・サヴォワ

ビスキュイ・ド・サヴォワはフランスのローヌ・アルプ地方の13世紀~14世紀に生まれた伝統菓子です。それまで「共立て製法」が主流だった時代に「別立て製法」でお菓子を焼いた極めて斬新なデザートだったようです。材料は卵、砂糖、小麦粉、コーンスターチのみというシンプルなもの。焼き上がったものにクリームやフルーツのソースなどをを添えて食べます。現代では軽い食感のお菓子は珍しくないのですが、当時は羽のように軽いふわふわとしたビスキュイが喜ばれたのでしょう。とても歴史の深いフランス菓子のひとつです。

難易度

初級
中級
上級

生地

スポンジ生地
タルト生地
シュー生地
パイ生地

全て見る